アコム・レイク・プロミスのそれぞれ良いところを徹底比較!

標準

それぞれに特徴がありますが、わかりやすくするために消費者金融と銀行カードローンとしてわけてみることをおすすめします。

アコムとプロミスは消費者金融となり、レイクALSAは銀行カードローンです。こうみることで、それぞれの良いところがわかり、徹底比較しやすくなります。

お金を借りることになるのですから、やはり審査について気になるでしょう。この点はアコムを始めてとする消費者金融、そしてレイクALSAはどちらも選ぶメリットがあると言えます。

比較的借りやすい貸金業者になっていますので、不安がある場合は、頼ってみると良いでしょう。

金利についてはアコムとレイクALSAは18%からになっています。プロミスは17.8%からになっていますので、この点は有利になるでしょう。

もちろん利用金額が増えれば、それだけ金利は低くなります。ただ金利に関してはアコムもレイクALSAも一緒になりますので、この点だけプロミスが有利になります。

あとどうしても見逃しがちになるのが、利便性についてです。使い続けることになりますので、この点はしっかりと比較しておくことをおすすめします。

3社ともインターネットバンキングが利用できますので、口座をネットで扱うことができるのであれば、使いやすくなるでしょう。

また3社ともコンビニATMで利用することができます。しかし利用手数料が掛かってしまうのが消費者金融です。

この点を見てみると、レイクALSAは一部のコンビニATMでの利用は無料になりますので、使うメリットを感じられるはずです。

アイフルとアコムとプロミスの審査を比較

アイフルとアコム、プロミスの3社は、テレビCMなどの媒体で露出度も多く、有名でしかもメジャーな大手の消費者金融会社と言われます。

もちろん、消費者金融にお金を借りたい場合には、その借りる人の信用を調査する審査が行われることが一般的で、審査に通過するかどうかについては、その借りる人の信用度が高ければ高いほど通過する可能性も高くなります。

上記の3社の審査の温度差については、各会社の方針などにより微妙にニュアンスが違い、アイフルには審査が通過したけどアコムでは通過しなかった、逆にアコムで通過したけどアイフルでは通過しなったというケースも存在するぐらいです。

各社の審査のことを比較する上で一番の判断基準となるのは、各社の出しているIR情報から探るのが一番です。

まずアイフルの審査通過率は平均して45%、アコムは48%、プロミスは42%といった統計上の数値が出ています。つまり一番、審査に通過するのがアコムであると理解することが可能です。

アコムとプロミスの通過する率の差については6%程度の違いになっていますが、その差は見方によればそれほどの違いはないと見ることもできます。

ただ借りやすさのイメージとしては、比較した場合に少しでも%の度合いが高い方を選択したくなるのが人情となりますので、アコムやアイフルをメインに選択することも多くなるかもしれません。

また%の数値が高いからといっても、申込者の信用によっては審査に通過しないケースも当然あり得ますので、数値だけに捕らわれないことも重要なポイントとなります。