バンクイックとアコムの違い

標準

chigai

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンとして人気があり、アコムは大手消費者金融として人気がありますが、バンクイックとアコムの違いはどこにあるのでしょう。

アコムは三菱東京UJF銀行ファイナンシャルグループに属し、バンクイックの保証会社となっていてどちらも深い関係にありますが、バンクイックとアコムの違いは「総量規制」「金利」「返済方法」に違いがあります。

総量規制は消費者金融に適用される法律で、アコムは消費者金融なので融資は年収の3分の1以内でないとできませんが、バンクイックは銀行のため総量規制対象外なので貸出しの限度額を決める必要がなく、審査に通れば専業主婦であっても貸出しをおこなえます。

金利面から見るとアコムの金利は4.7%~18%にくらべ、バンクイックは4.6%~14.6%と大きな違いが有るといえますし、返済に利用するコンピニATMはアコムは1万円以下であれば105円、1万円をこえると210円の利用手数料が必要になります。

バンクイックのATMや提携コンビニATMは手数料無料となっているので、返済が長くなり手数料が重なってくると大きなちがいができてきます。

アコムの審査はバンクイックに比べても通りやすいといわれていますが、アコムはバンクイックの保証会社になっていますのでアコムを申し込んで審査が通らなければバンクイックを申し込んでも審査に通るのは厳しくなり、アコムかバンクイックか迷っておられる方は両者の公式サイトや口コミを見て判断するのがいいと思います。

バンクイックとSMBCモビットの違い

キャッシングをするにあたって「バンクイック」「SMBCモビット」がありますが何が違うのかどちらを選べばいいのかわからない方もおられると思いますが、両者の違いはどこにあるのでしょう。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンの商品名になり、SMBCモビットは三井住友グループに属する「銀行系消費者金融」と呼ばれる会社名のことです。

大きな違いはバンクイックは消費者金融でなく銀行のカードローンなので総量規制の対象外になっていますがSMBCモビットは消費者金融になるので総量規制の対象となるところに大きな違いがあります。

審査面から見ると、バンクイックはモビットに比べて若干厳しいようで、審査には在籍確認の電話があることに対して、SMBCモビットの在籍確認は在籍を証明する書類を提出すれば在籍確認をしたことになるという事から、在籍確認の電話がいやな人には人気があるようです。

金利面を見ればバンクイックの金利は4.6%~14.6%となっていて、一方SMBCモビットは4.8%~18%となっていますが、初めて融資を受ける時は上限金利が適用されますのでバンクイックの14.6%とSMBCモビットの18%を比べるとバンクイックの方が金利が低いといえます。

借入れ金額や金利面を比べるとバンクイックが有利ですが、審査内容を比べるとSMBCモビットが有利と思われますが、総合的な面から初めてキャッシングをされる方にとって、金利が安い事や銀行という安心感、返済に利用するATMは手数料無料という事などから考えるとバンクイックをおすすめします。